フランチャイズ

意外と多い、一人でも開業できるフランチャイズを選ぶコツ

更新日:

一人で開業できるフランチャイズを選ぶコツ|一人でできる仕事は意外とある

開業する際に必要なのは資金や場所はもちろんなのですが、働く人も必要なのが一般的です。

ただ人を募集して、仕事を教えてバイト代を払ってとなると大変ですよね。

また、そもそも人と一緒に働くのが苦手で会社を辞めたという方もいるでしょう。

どうせ仕事をするなら一人でやりたい、でも失敗もしたくないという人はとても多いのです。

そんな方には一人で開業できるフランチャイズがおすすめ。

このコラムでは一人で開業できるフランチャイズを選ぶコツについて紹介します。

このコラムを読んで、ぜひ一人開業を成功させて下さい。

一人で開業できる仕事で独立開業したい

開業を志す人の理由はさまざまです。

会社で働くの嫌だという人もいれば、そもそも独立するのが夢だったという人もいるでしょう。

ただ開業は開業でも一人で開業したい人の理由は他にもあります。

ひとつには人と一緒に仕事をするのが苦手という人です。

人と一緒に仕事がしたくない人は、自分で独立して仕事をするしかありません。

一人で仕事をするための開業だと言えます。

もうひとつは手軽に開業したいという人です。

人を雇うということはリスクもありますし、開業まで時間がかかります。

自分一人であればお金と場所があれば開業できますよね。

一人で開業するのは人づき合いが苦手で、手軽に開業したい人には最も適した方法なのです。

フランチャイズに加盟して開業するのがおすすめ

一人で開業したいと思っても何をどうして良いのか分からない人もいるはず。

そんな方にはフランチャイズがおすすめです。

フランチャイズには経営のノウハウもありますし、開業するために必要なものが揃っています。

そのノウハウを使って開業すれば、一人で考えて開業するよりもお手軽であるのは間違いありません。

一人開業をより簡単にしてくれるのがフランチャイズなのです。

一人でできるフランチャイズは意外とある

フランチャイズと聞くとまずコンビニを思い浮かべませんか?

コンビニは一人で運営されていませんよね。

他にフランチャイズとして有名なのが飲食店。

こちらも一人では運営されていません。

では一人でできるフランチャイズとはどんなものがあるでしょうか。

まず思い浮かぶのは学習塾です。

自宅で開業できる学習塾もたくさんあります。

確かに家に空いている部屋があれば、そこで勉強を教えることは簡単にできます。

次にハウスクリーニング。

こちらは店舗が必要ありませんから、簡単です。

電話やホームページで注文を受けて、その場所に行けばオーケー。

とても簡単です。

さらに古物買い取り販売も一人で開業できます。

一人で古物買取販売をしている人は多いのです。

他にも介護関係のフランチャイズもあります。

こうして見ると一人で開業できるフランチャイズは意外と多いのが分かりますよね。

一人開業のメリットは?

一人開業にはさまざまなメリットがあります。

ここでは一人開業のメリットを3つ紹介します。

「人材不足の影響がない」

一人で開業するわけですから、人材不足の影響がありません。

特に現在のように景気が良いときには、時給を上げても人を集めるのは難しいです。

飲食店のように、アルバイトが集まらず利益は上がっているのに閉店ということがないのが一人開業の良さでしょう。

「スムーズな事業立ち上げ、効率的な経営を目指す」

一人開業は一人で行うわけですから、全てを自分で決められます。

自分で決めて今から実行することもできるのです。

そのため経営そのものも効率的に行うことができます。

これもまた一人開業のメリットのひとつです。

「リスクが少ない」

一人開業は人を雇っているわけではありませんから、人件費が必要ありません。

また、上手く行かなければすぐにやめることもできます。

一人でやる仕事ですから、資金もそれほど必要ではありません。

仕事がうまくいかなくて、借金が残ったとしてもそんなに多額の負債にはならないという利点があります。

ちょっと開業してみたいという人には一人開業はリスクも少なくて最適でしょう。

一人開業のデメリットは?

これまで一人開業のメリットについて述べてきましたが、一人開業にはデメリットもあるのです。

ここでは一人開業のデメリットについて紹介します。

先ほど述べたメリットと比較して一人開業をすべきかどうか考えてみましょう。

「休みが減る」

一人開業は全てを一人で行う必要があります。

会社であれば仕事を分担して行うことができますが、一人開業では会計や営業も自分でしなければなりません。

また休みたくても代わりの人がいないわけですから、休むことはできないのです。

そのため会社員で働くよりも休みが減ります。

私も一人開業ですが、休みがない生活は体がきついです。

こうしたデメリットは理解しておいた方が良いでしょう。

「自分で全て行う必要がある」

先ほども述べたように、全てを自分で行う必要があります。

一人開業でその仕事は得意だけれど、営業は苦手という人も多いです。

それでも一人開業であれば、営業もしなければならないのが一人でやることのデメリット。

さらに会計も一人でしなければなりません。

売上が上がれば税理士に頼むこともできますが、それでもすべてを任せることはできません。

あなたのやるべきことは会社員時代の比ではないのです。

どのような仕事があるのか、あらかじめ洗い出しておいた方が良いでしょう。

「急病などに対応できない」

一人で開業するときついのが病気です。

病気で熱が出ても代わりの人はいません。

もちろん一人でやっている事業ですから、休みにすることも可能です。

しかし、休みにすることで売上も減ってしまいます。

結果として病気でも無理して仕事をする人が多いです。

急病に対応できないのは一人開業のデメリットとして間違いなくあるでしょう。

一人で独立開業を目指す時の注意点

一人で開業するメリットとデメリットについてはすでに述べたのですが、独立開業をする際に注意すべき点があります。

まず経営に関する知識を身につけなければなりません。

一人開業をするとしても会計の知識がなければ、すぐに仕事は行き詰ります。

また税金がどれくらいかかるのか知っておかなければなりません。

こうした基本的な知識は確実に身につけておくようにしましょう。

さらにデメリットとも関係しているのですが、健康には注意しなければなりません。

あなたが働けなくなったらその事業は終わりです。

健康には十分に気をつけるようにしましょう。

最後にフランチャイズ選びは慎重に行うべきです。

一人で開業できると言っても、お金はかかります。

失敗すればそのお金は無くなるだけです。

自分が何ができるのかをまず考えてから、フランチャイズを選ぶようにしましょう。

フランチャイズを始めてから、「この仕事は向いていなかった」とならないようにしてくださいね。

意外に多い50歳以上での一人開業

50歳を超えてくると、社会に貢献したいという思いが強くなる人が多いようです。

そのため50歳以上での一人開業が増えてきています。

人生100年時代と言われていますから、50歳で起業して、その後、ずっと働くこともできますよね。

子育ても終わり、お金よりも長く働いていたい。

そうした人たちも増えているようです。

一人開業をフランチャイズで楽しもう

一人開業は大変な部分もあるのは確かです。

そうした大変さをフランチャイズに加盟することで、少しでも減らすことができます。

また、一人で開業すれば自分で自由に仕事ができるというメリットもあるのです。

一人で開業するのであれば、一人開業をぜひ楽しんでください。

  • この記事を書いた人
resto-waffle

resto-waffle

アメリカンワッフル専門店のオーナーをしています。 趣味は食べ歩きとカフェ巡りで休日はずっーーと食べてます! 甘いものが好きで、いつも美味しいケーキを探しています。

-フランチャイズ

Copyright© アメリカンワッフルRESTOのブログ , 2018 All Rights Reserved.