フランチャイズ

フランチャイズ飲食店を選ぶ時のポイントと成功するために必要なことは?

更新日:

フランチャイズをする時に飲食店を選ぶ時のポイントと成功するために必要なことは?

フランチャイズで飲食店を始めたいと思っても、フランチャイズの飲食店はたくさんあって、どこが良いのか分かりませんよね。

フランチャイズで始めるなら、一番儲かるフランチャイズで始めたいと思うのは当たり前です。

このコラムではフランチャイズの飲食店を選ぶ時のポイントと成功するために必要なことを紹介します。

このコラムを読めば、あなたが儲けることができるフランチャイズの飲食店が見つかりますよ。

ぜひフランチャイズ選びの参考にしてください。

「これから伸びる」と感じている飲食店フランチャイズ事業は?

フランチャイズの飲食店といってもさまざまな業種があります。

よく聞くフランチャイズといえば居酒屋やファストフード、カフェなどがありますが、飲食店の中には伸びている業種とそうでない業種があるのも確かです。

もちろん流行の業種というのはあるのですが、今伸びている業種を選びたいのが普通でしょう。

では現在、最も伸びている業種は何でしょうか。

今、最も伸びているのは肉料理のフランチャイズだと言われています。

確かに焼肉や焼き鳥、ステーキのお店などフランチャイズが増えてきていますから、伸びてきていると分かりますよね。

飲食店フランチャイズでは『惚れ込める』ことが必要

飲食店フランチャイズには流行もあるので、その時によって伸びている業種は違います。

そのため、伸びているというだけでそのフランチャイズを選ぶのは間違いでしょう。

ではフランチャイズを選ぶのに大切なのは何でしょうか。

それは「惚れ込める」ことです。

このフランチャイズが好きという気持ちがなければ売ることはできません。

当たり前ですが、好きなものであればその商品の良さがよく見えます。

いろいろなフランチャイズの飲食店を巡って、あなたが「惚れ込める」飲食店を探しましょう。

フランチャイズでは『自分の感性』は邪魔になる

フランチャイズに「惚れ込める」かどうかが重要だとは述べましたが、だからと言って「自分の感性」を前面に出してはいけません。

フランチャイズを始めると、「もっとこうしてみよう」と自分の感覚で新しいことを始めようとしますが、だいたいが失敗します。

フランチャイズは売れる仕組みを作ったことで、フランチャイズとして全国に展開できているのです。

フランチャイズのやり方を徹底したほうが儲かるのは間違いないでしょう。

商売に余計にお金がかかるのは当然

商売を始めると用意していたお金があっという間になくなります。

開業のための準備だけでなく、広告宣伝費、人件費もかかります。

開業前の予定通りに進むことはほとんどないでしょう。

開業資金は余裕を持って用意しなければなりません。

そうしないとすぐに経営は行き詰ります。

成功するためには…本当にあった失敗例から学ぼう!!

フランチャイズは個人店で開業するよりも成功する可能性が高いのですが、失敗しないとは限りません。

ここでは実際にあった失敗例を紹介します。

こうした失敗をしないように気を付けましょう。

経営者としての能力が不足している

脱サラしてフランチャイズで飲食店経営。

フランチャイズなので、経営ノウハウなど教えてもらえることは多いのですが、店舗運営から人材確保まで経営者としての能力が重要になってきます。

お店はうまく行っているのに、アルバイトが集まらずに閉店する飲食店も多いのです。

経営者として必要な能力はお店を始める前に磨いておく必要があるでしょう。

ライバル店の登場

飲食店はライバル店が登場する可能性が高いです。

違う業種ならまだ良いのですが、同じ業種の飲食店が近くに出店してくることもあります。

特にあなたのお店が繁盛していたら、その近くに同じ業種の飲食店を出すのが基本です。

ライバル店が出店することで、売上がいきなり下がるということもありますので、ライバル店の動向には常に注意していく必要があるでしょう。

計画が甘くて軌道に乗る前に資金が底を尽きた

先ほども述べたように商売にはお金がかかりますし、予定外の出費も多いです。

お客さんが入るようになってきたときには資金が底を尽きるということもあります。

それだけ売り上げを安定的に上げていくのは難しいことなのです。

先ほども述べましたが、運営資金は十分に用意しておきましょう。

こんなフランチャイズ店にしてはダメ!!失敗するフランチャイズ点の共通点は?

失敗するフランチャイズ店には共通点があります。

逆に言えばこれらの共通点を改善すれば、成功する可能性が高くなるのです。

フランチャイズを始める前にこれらの失敗をしないように気を付けましょう。

「資金管理計画が立てられていない」

フランチャイズで失敗する店舗は資金管理ができていません。

つまり店舗運営に経費がいったいいくらかかっているのか分かっていないのです。

店舗の経営をしているのに経費について把握していないのは信じられないかもしれませんが、実際に多く見られます。

だいたいこれぐらいだろうとどんぶり勘定で経営しているのです。

またロイヤリティがどれくらいかかるのか、店を始めてから気づく人もいます。

私の知り合いもそのロイヤリティの多さに、店をたたむことになりました。

後で聞いたらどのロイヤリティは50%でかなり高かったのです。

ロイヤリティが高くても売り上げが上がれば大丈夫だと思っていたようですが、売上が落ちて途端に苦しくなりました。

こうしたことがないようにしっかりと資金管理をしましょう。

「店内の掃除がいきわたっていない」

失敗する店舗は掃除がいきわたっていません。

なぜ掃除がいきわたっていない店舗はつぶれるのでしょうか。

飲食店は差別化が難しいのが現状です。

同じようなメニューを提供している飲食店がたくさんある中で、すぐに差別化できるのは清潔感。

店内がきれいな飲食店でご飯を食べるとおいしく感じます。

逆にきたないところでご飯を食べるとマズく感じるのです。

同じようなメニューが出されていても、店内がきれいかどうかで味が変わります。

結果として掃除が店内に行き届いていない飲食店はつぶれるのです。

「仕入れ先が決められている」

フランチャイズの中には仕入れ先が決められているところがあります。

仕入れ先が決められていると材料費を下げることができません。

仕入れ先が決まっていることで、安定的に食材を手に入れることはできますが、材料費が上がった時には苦しくなります。

ある程度仕入れ先を選べるフランチャイズの方が良いでしょう。

失敗しないために気を付けたいポイント

フランチャイズで飲食店をする際に、最も気を付けたいポイントはすでに述べたように資金です。

運営資金はいくらあっても十分ということはありません。

できる限りの運営資金を用意しておきましょう。

次に重要なのは資金管理です。

どんなに資金があっても管理ができていなければ駄目。

しっかりと資金を管理するように勉強しておきましょう。

最後に重要なのは経営者の能力です。

店舗の清掃からアルバイトの確保まで、経営者が考えなければならないことがたくさんあります。

細かいところまでしっかりと把握できるようにしておきましょう。

成功するためにフランチャイズは慎重に選びましょう

フランチャイズの飲食店はたくさんあります。

ここでは失敗例を出して、成功するためのポイントを紹介しました。

ここに書かれている失敗例と同じようにならないように、事前に準備しておきましょう。

  • この記事を書いた人
resto-waffle

resto-waffle

アメリカンワッフル専門店のオーナーをしています。 趣味は食べ歩きとカフェ巡りで休日はずっーーと食べてます! 甘いものが好きで、いつも美味しいケーキを探しています。

-フランチャイズ

Copyright© アメリカンワッフルRESTOのブログ , 2018 All Rights Reserved.