フランチャイズ

フランチャイズ4業種の売上を公開&売上を上げる方法!

投稿日:

フランチャイズの平均売上はどれくらい?業種別の平均売上を教えます

フランチャイズを始めようと思ったときに、フランチャイズの売上がいくらぐらいになるのか気になりますよね。

売上が低ければ開業する意味はありません。

このコラムでは業種別の平均売上を紹介します。

このコラムを読めば業種別の売上が分かり、どの業種で開業すればどれだけ稼ぐことができるか知ることができます。

業種別の平均売上は?

フランチャイズの平均売上は業種によって大きく違うのが実情です。

ここでは業種別の平均売上を紹介します。

コンビニオーナーの平均売上は?

コンビニオーナーの1日の平均売上は50万円〜70万円です。

そのため一か月の売上は1500万円〜2000万円になります。

年間の売上は1億8000万円〜2億4000万円です。

売上は思ったよりも高いですよね。

これだけの売上を上げるためにはお客さんが1日1000人ぐらい訪れる必要があります。

そのため立地がとても重要なのです。

塾オーナーの平均売上は?

塾の場合、平均1000万円ぐらいの売上が多いですが、フランチャイズに加盟して2000万円以上稼いでいる人もいます。

塾の場合、単価を上げるか人数を集めるかですが、少子化の影響で人数は集まらないので、単価を上げるのが一般的です。

一人当たり、月に2万円〜3万円の月謝を貰うことができると、人数が60人の塾の場合、月120万円〜180万円の売上になります。

ただ塾はかなり多くなって競争が激しくなっていますので、つぶれる塾が多いのも確かです。

一方で上手に経営すればかなり稼いでいる塾もあります。

私の知人の塾は年の売上1億円です。

一教室でこれだけの金額を稼いでいるところはほとんどありません。

そういう意味ではオーナーが上手に経営すれば稼ぐことができるのも塾業界でしょう。

飲食フランチャイズオーナーの平均売上は?

飲食店フランチャイズの売上は飲食店の種類によってバラバラです。

1億5000万円ぐらいの売上があるフランチャイズもあれば、5000万円ぐらいの売上のフランチャイズもあります。

飲食店を始める場合には、それぞれのフランチャイズでどれくらいの売上があるのか調べてから決めるようにしましょう。

また飲食業界には流行りもありますので、どの飲食店が流行っているのか注目しておいてください。

クリーニング系オーナーの平均売上は?

クリーニング店やハウスクリ—ニングの場合、月の売上が100万円〜150万円ぐらいです。

他業種と比べると売上は大きくありませんが、利益率は高い業種ですので、年収は高くなるでしょう。

ただしクリーニングは需要が減ってきています。

確かにクリーニングに出さなくても家庭の洗濯で対応できることも多いですよね。

スーツも家で洗うことができるものが販売されていて、私も購入しましたが大変便利です。

このようにクリーニングの需要は減ってきていますが、ハウスクリーニングの需要は増えてきています。

共働きで掃除も外注する人たちが増えてきたからです。

店舗がなくても開業できますので、今後ハウスクリーニングを開業する人も多くなり、平均の売上も伸びていくことでしょう。

フランチャイズオーナーの労働時間は?

売上が高くても労働時間が長ければ、時間単価は安くなります。

ではフランチャイズオーナーの労働時間はどれくらいでしょうか。

オーナーの場合、労働時間は起きている間ずっとです。

特に開店当初はそのような労働時間が続きます。

その期間が1年で終わることもあれば、3年ぐらい続くこともあるのです。

中にはこうした忙しさにも売上はついてこず、店を閉める人もいます。

私の知人も2年で飲食のフランチャイズを閉めることになりました。

それだけフランチャイズのオーナーとして稼ぐのは大変だということです。

売上アップをする方法はある?

フランチャイズではやり方も決まっているので、売上をアップするためにできる工夫はないと考えがちです。

これまで平均の売上について説明してきましたが、売上を上げる方法はないでしょうか。

ここでは売上を上げる方法を紹介します。

売上は「客数×客単価」で決まる

売上は「客数×客単価」で決まります。

そのため売上を上げるのは簡単です。

つまり、客数を増やすか、客単価を上げるかしかありません。

客数を増やすためには集客に力を入れればよいですし、客単価を上げるにはひとり当たりの支払いを多くしてもらえばよいでしょう。

そのための工夫をしていく必要があるのです。

リピーターを増やす

先ほど、売上を上げるためには客数を増やすことが必要だと述べました。

新規の顧客を呼び込むのも大切ですが、客数を増やすにはリピーターを増やす方が効果的だと言われています。

飲食店であればお客様が繰り返し利用してくれるように工夫しなければなりません。

コンビニでも同じです。

フランチャイズですので、立地がとても重要なのは確かなのですが、同じ商品でも店員やお店の雰囲気で買いたいところと買いたくないところがあります。

私も塾で働いていましたが、同じ教材を使っているのに繁盛している教室と繁盛していない教室がありました。

授業の内容は映像授業でしたので、授業そのものが差を分けているわけではありません。

つまり、お客様のためを考えてどれだけ工夫できるかがとても重要なのです。

フランチャイズでもお客様のことを考えるかどうかで、大きく差が出ることをよく覚えていきましょう。

商品を充実させる

先ほども述べたように売上を上げるためには、客単価を増やすことも重要です。

客単価を増やすためには商品を充実させて、多くの商品を一回で買ってもらう必要があります。

そのためにはお客様の動向をしっかりと分析しなければなりません。

飲食店やコンビニではこうした情報をしっかりと取って、どのような商品を揃えればよいか考えています。

塾でも取ることができる授業を増やして単価を上げるやり方を実践しているところが多いです。

私も塾を経営していた時は、主要教科以外にもオプションの講座を増やして単価を上げていました。

客単価を上げるためにどのような商品を揃えばいいか、お客様の分析をしっかり行うことが売り上げアップにつながるでしょう。

SNSを活用する

集客のツールはチラシや広告が考えられますが、最近ではSNSを活用する方法が多いです。

私もSNSで塾の情報発信をしており、そこから入会につながったこともあります。

しかも費用はかからないので、利用しやすいです。

フランチャイズの場合、SNSの利用には規制があるところもありますが、使えるところは積極的に使っていきましょう。

特に飲食店の場合、Instagramで写真を見てお店を決めている人も多いです。

フランチャイズであってもSNSで情報発信することで集客効果があるのは間違いないでしょう。

売上だけでなく支出にも注目すべき

売上がいくら高くても、支出が多くては利益は上がらないのです。

そのため売上だけでなく、支出にも注目して支出を減らしていかなければなりません。

支出には減らせないものもありますが、減らせるものもあります。

何を減らすことができるか考えることで、売上も上がっていきますよ。

売上を上げる方法を考えましょう

ここでは各業種の売上を紹介しましたが、どの業種も平均以上の売上を上げている人もいれば、平均以下の人もいます。

フランチャイズでも工夫をすることで、他のフランチャイズの店舗よりも売上を上げることは可能です。

売上が上がらないと諦めずに何ができるのか考えましょう。

  • この記事を書いた人
resto-waffle

resto-waffle

アメリカンワッフル専門店のオーナーをしています。 趣味は食べ歩きとカフェ巡りで休日はずっーーと食べてます! 甘いものが好きで、いつも美味しいケーキを探しています。

-フランチャイズ

Copyright© アメリカンワッフルRESTOのブログ , 2018 All Rights Reserved.